銚子市在宅医療介護連携支援センター

銚子市在宅医療・介護連携支援センター開設は、2018年4月1日です。

センターの主な役割

医療・介護を中心とした多職種間との連携

医療機関や介護関係者を中心に相互連携をとり、急変時にも即時対応できる在宅療養体制を構築し、支援対象者へ万全のサポートを行います。

相談窓口の開設

在宅療養に関するさまざまなご相談に専門の担当者が対応します。

医療・介護資源の情報共有

地域の医療機関、介護事業所等の医療資源を情報収集し、提供します。

地域住民への普及啓発

講演会やリーフレットの配布などにより在宅療養の普及啓発を図ります。

研修会の開催

医師や看護師、ケアマネージャーなど多職種向けの研修会を開催します。

在宅療養とは

医療と介護の両方を必要とされる高齢者が、在宅で安心してそのサービスを受けられるようにするものです。
病状に制限はなく、急に体調が悪くなった場合には切れ目のない対応が受けられ、必要に応じて入院に移行できるなど環境の整備を進めています。

在宅療養において自宅で受けられるサービス


  • 血圧・体温など身体のチェック

  • 点滴・注射など医療処置

  • 食事・入浴などの介助

  • 床ずれ予防・リハビリテーション

  • 療養環境のアドバイス

  • 療養上の悩み相談